伝わっていますか?

 こんばんは。

 

寒い日が続きますね。

冷え性には非常に堪えます。

 

先日、職場でちょっとした出来事がありました。

 

何かというと、

決まっているはずのルールをやっている人と、やっていない人がいた。

ということです。

 

「そんなルールあったんですか?」

「聞いてないです。」

などなど。

 

やっていないのであれば、これからやらせれば良いのですが、

 

認識にばらつきがあるのが問題でした。

 

誰の責任かというと、マネジャーの私の責任です。

 

私自身が、伝えた気になっていたんですね。

 

何度かミーティングでも話があったし、

知らないこともないだろう。と。

 

 

出来ていないということは、伝わっていないんですよね。

 

 

何で伝わっていなかったのかを考えた時に、

ルールしか言っていなかったからだと思います。

 

「こうしてね。」と言っただけでは、

「なぜ」そうしないといけないのかが分かりません。

 

 

元根本が抜け落ちると、今回みたいなことに陥ります。

 

 

どうしてこのルールがあり、何の為に必要なのか。

だからこういうしてね。という風に伝えなきゃいけないんですね。

 

また一つ、学びになりました。

 

ただ、一回伝えただけで、すぐ出来ることでもないので、

これからは、「聞き飽きた」と言われるぐらい伝え続けようと想います。

 

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 

古城奈々絵