読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中間管理職

こんばんは。

 

寒い日が続きますが、皆さま体調は大丈夫でしょうか。

昨日は天気が良かったので、羽毛布団を取り出し、天日干ししました。

これでやっと冬支度が済みました。

 

 

日頃、店舗や会社のマネジメントに携わっていると、

 

現場の声と経営的な観点とのズレを感じる時があります。

 

私もセッションをしながらマネジャーとしてやっておりますので、

 

現場の声は重々に解ります。

 

それでも、社長と話をしていると、社長の言っていることも重々に解ります。

 

最終的な責任をとるのは社長になりますので、

 

社長の仕事は判断をすることといっても過言ではないでしょう。

 

 

一つ一つが大切な決断になり、

集客や今後の展開へのきっかけなど、

中長期的な流れをみつつ、現状を変える為の判断基準が必要になります。

 

 

その時に、現場の立場からしたら、

「そうは言っても。。。」ということもあります。

 

 

私の役割としては、

この「そうは言っても。。。」をいかに埋めるかだと思っています。

 

 

これを埋めるためには、スタッフと話をしなければなりません。

 

「なぜそう思うのか?」

「どうしたらいいと思うか?」

 

などなど。

 

会社の想いと皆の想いを繋げるのは中々に大変なことです。

 

まだまだ試行錯誤の毎日です。

 

店舗責任者であり、

社長を支えるフォロワーとして学びを深める為に、

最近こんな本を読みました。

f:id:nanae0807:20161105000623p:plain

 

決して社長に不満があるとか、何考えているかわからない。

というわけではないですよ。

 

 

会社をより良くする為に、一流のフォロワーを目指します!

 

結構面白い本です。

 

良かったら読んでみて下さい。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

7e