世界陸上 2017

こんばんは。

 

世界陸上が始まりましたね。

 

注目はこの大会で引退をする100Mのボルト選手でしょうか。

 

これまでに数々の偉業を成し遂げていますが、

ここにくるまでにどれだけの練習を行い、

怪我と向き合い、やってきたのでしょうか。

 

 

想像を絶するような努力を続けてきたことは、間違い無いでしょう。

 

 

ボルト選手だけでなく、世界で戦う選手は皆そうなのでしょうが、

一瞬、一試合のために、積み重ねてきたものを発揮する。

 

 

プレッシャーも計り知れません。

 

どんな状況においても持てるもの全てを発揮する。

 

アスリートのみならず、働く現場でも同じですね。

 

王貞治さんの言葉で、

「努力は必ず報われる。

もし報われない努力があるのならば、

それはまだ努力とは呼べない。」

 

とう言葉があります。

 

最近知りましたが、本当にその通りだと思います。

 

 

自分なりの努力では、足りていないということです。

 

 

圧倒的な努力。

 

 

弊社の社長もよく言いますが、

 

質を高めるためにもまずは圧倒的な量が必要で、

量を積むことにより、質も高まってくる。

 

ただやるだけではなく、試行錯誤は必須ですが、

まずやらないと改善もできないですしね。

 

 

世界陸上の話からだいぶそれましたが、

指導者たるもの実践者たれ。

とうことで、色々と挑戦していこうと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

オススメセミナー

早割りは明日までです!

「鹿児島開催!Bodyworkを活用した機能改善&姿勢改善アプローチ」

日時:8月27日(日)10:00~17:00

会場:鹿児島鹿児島市新屋敷町16番 住宅供給公社 中会議室

講師:imok株式会社 代表 小林俊夫 

料金:8月6日までのお申込み 12,960円(税込)
   8月7日以降のお申込み 16,200円(税込)

お申込み:https://pro.form-mailer.jp/fms/42226eec125055

内容:100年メソッドという言葉で呼ばれることもあるピラティス」。
そのピラティスピラティスとして行うのではなく、DNSやPRI、FMS、SFMA、NASM、CFSC、GRIP APPROACHなど最新のトレーニング&コンディショニング法の観点を加え、ムーブメントプレパレーションやコレクティブエクササイズの一環として活用することで、機能改善や姿勢改善、パフォーマンスアップのより効果的なアプローチ法として、理論と実技を交えながら学んでいきます。

 今までボディワークを学んだことが無いという医療従事者やトレーナーの方は、日頃指導をしているコレクティブエクササイズなどにピラティスなどをはじめとするBodyworkの観点が加わることで、モビリティの改善やスタビリティ向上のアプローチの幅が各段に拡がり、目の前のお客様や選手により最適な形で提供することができます!!

 そして、ピラティスやヨガインストラクターなどのボディワーカーの方は、「感覚システム」や「バイオメカニクス」、「運動発達」、「コアのスタビリティ戦略」などを学ぶことで、より幅広い視点で効果的な指導を行える様になります。

 また、Bodyworkは動作評価にも活用をする事出来るだけでなく、そのまま理想的な動きを獲得するための改善エクササイズとしても活用をすることができ、改善時間の短縮にも繋がります。

ぜひ一緒に「姿勢分析&動作評価」→「運動療法」→「効果測定」を繰り返し、頭と身体を動かしてきましょう!!

講師:imok株式会社 代表取締役 小林俊夫

保有資格:鍼灸あん摩マッサージ指圧師
     NASM-PES
     FMS LevelⅠ&Ⅱ、SFMA LevelⅠ
     CFSC、DVRT LevelⅠ&Ⅱ
     EBFA-Barefoot training Specalist
     PHI Pilates Comprehensive、Rehaviritation Specialst
     JCCA MT、CST LevelⅠ、NKT LevelⅠ
     DNS SportsⅠ&Ⅱ修了
     PRI Myokinematic,Postural respiration修了
     PS2AD CourseA修了
     FSTT 上肢、下肢、脊柱 修了など